作る機器、ミキサー、ジューサー、ブレンダー、どれが良い?

手軽にできる健康法としてグリーンスムージーが大人気です。スムージーを作る機器は、どんなものが適しているでしょうか。
スムージーやジュースを作る機器といえば、ミキサー(ブレンダーの別名)、果物や野菜などから繊維を分離し、水分を絞り出すジューサー、刃で果物や野菜を細かく切り刻んで材料を混ぜ合わせるブレンダーなどがあります。ジューサーの方が酵素を取りやすく、栄養素が取りやすいです。ブレンダーの方が繊維をたくさん摂取することができ、満腹感も得ることができます。グリーンスムージーを作る場合は、こちらを使うことが一般的です。譜面02
グリーンスムージーは、毎日少量飲むだけで健康増進効果があり、元気に生き生きと美しくなれる飲み物です。繊維を取ることができるので、体の中も奇麗になります。ただ、入れない方がよい材料、飲み方の注意などもあります。まず材料では、キャベツ、でんぷん質を含む野菜、牛乳、ヨーグルトなどは入れない方がよいようです。また、塩や砂糖も入れません。あくまで、生の野菜と果物のみで作りましょう。また、冬場は体を冷やすので、グリーンスムージーは冷やした状態でなく、常温のものをゆっくり飲むようにしましょう。

コメントは受け付けていません。