‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

野菜嫌いな子供でも飲める!オススメなレシピ

2014/09/22

食育という言葉があるように、毎日の食事は健康な発育に欠かせない重要なものです。たくさん野菜を食べて元気に育って欲しいと思っても、子供はお菓子やスナックに夢中でなかなか野菜を食べてくれません。煮たり焼いたりして形の残っている野菜は食卓に出しただけで嫌がられて困ってしまいます。それなら、ジュースにしてしまえば野菜嫌いの子も気づかず飲んでくれるでしょう。
酵素の多い野菜には、にんじん、ブロッコリー、小松菜などがあります。これらを同じく酵素を多く含むりんごやバナナ、パイナップル、柑橘類の果物やヨーグルトと混ぜてミキサーにかければ、おいしいドリンクの完成です。???? Vol.125 ?????????
りんごとバナナは他のどんな野菜や果物にも合うので、常に材料に入れることをおすすめします。特にバナナは自然の甘みが強く、ミキサーにかけるとほどよい粘りが出るので、シェイクのような食感で飲みやすくなります。野菜嫌いにおすすめなレシピは、「りんご、バナナ、小松菜」「にんじん、りんご、オレンジ」「バナナ、小松菜、パイナップル」など、野菜1種類と果物2種類の組み合わせです。飲みやすくするならハチミツを入れることで自然の甘さが加わります。
毎日違う種類の組み合わせのレシピを使って、野菜嫌いの子にも上手においしく食べさせてあげましょう。

効果的な飲み方

2014/09/22

グリーンスムージーとは、フルーツとグリーン野菜と水をブレンダーで混ぜて作ったスムージーで、近年美容や健康に良いと女性を中心に非常に人気になっています。
フルーツも野菜も酵素がたっぷりで、いわゆる酵素ドリンク的な一面も合わせ持ち、栄養価も非常に高くダイエットにも非常に効果的な飲み物です。
そんなグリーンスムージーですが、グリーンスムージーの持つ魅力を最大限に引き出すに効果的な飲み方があります。
その方法は、まずは作りたてを飲むという事です。
グリーンスムージーは冷蔵庫で造り置きをする事も出来ますが、酸化したり匂いがきつくなったりする場合も有りますので、出来るだけ作りたてを飲む方が味の面でも良いです。???? Vol.125 ?????????
そして、グリーンスムージーを単体で飲む事が最も重要です。
グリーンスムージーから最大限の栄養を摂取するには単体で摂取するのが理想なのですが、スムージーを飲む前後40分~1時間程度の間隔を空ければ何を食べても大丈夫です。
また、でんぷん質の野菜は避けたほうが良いです。
ローフードを実践する必要があると思っている人もいますが、グリーンスムージーはローフードを実践している必要はありませんし、実践していなくても十分効果を実感できます。

好転反応が出た場合に注意したいこと

2014/09/22

酵素の多い食べ物を食べた時に、好転反応が出る場合があります。これは体の調子が悪くなったり、また体がだるくなったりするのです。これらは体内の活性酸素による害が少なくなり、そして体外に毒素が放出されやすい状態になってしまうために引き起こされるのです。
体内に溜まっている毒素が多いほど、これらの反応は強くなってしまうことになります。これは体内の毒素が急激に減少するために、この体外に排出されるまでの過程において、体に大きな負担をかけてしまうことになるのです。通常よりもはるかに多くの毒素が、一度に移動してしまうために、体のさまざまな細胞を傷つけてしまうのです。???? Vol.10 ????
腸内でも老廃物が排出され、そして腸内環境が良くなります。しかしその前の段階において、多量の毒素の排泄を行わなければなりません。なので毒素が大量に移動するために、下痢になってしまう場合があるのです。
これらの反応が出てしまった場合には、我慢をする必要があります。体が健康になるまでの準備段階であるために、これらの症状が出たからといい、通常の食事に戻してしまうことになると、せっかく輩出した毒素をまた体に溜めてしまうことになるのです。なので症状が出たとしても、我慢する必要があるのです。

忙しい朝のためにグリーンスムージーは作り置きしても良い?

2014/09/22

グリーン(生の緑の葉野菜)とフルーツと水をブレンダーで混ぜ合わせたグリーンスムージーは、美容や健康にとてもよく人気です。
野菜とフルーツなので栄養価も高く、食物繊維や酵素も非常に豊富でダイエットにも最適になっており、なおかつ飲みやすくて続けやすいのが人気の理由です。
スムージーの作り方や飲み方としては、熟したフルーツ60%とく有機栽培のグリーン(葉野菜)40%の比率が飲みやすく栄養価のバランスもよく最適です。
出来れば作り置きではなく、飲む直前に作って飲むのが理想です。???? Vol.6 ????????
なぜ作り置きは避けた方が良いかというと、味や匂いなどが変化して飲みにくくなってしまうからです。
具体的には、フルーツは時間が経つと酸化してしまうものが非常に多いです。
スムージーを飲みやすくしてくれるので積極的に入れたいリンゴなどは、酸化してすぐに色が変わってしまいます。
また、グリーン野菜は時間が経つとどうしても苦味が出てきてしまいますし、時間が経つにつれ青臭さも増してきてしまいます。
数時間程度の冷蔵庫で保管しておく程度なら気にならないかもしれないですし、忙しい朝など作り置きで済ませたいものですが、出来るだけ作りたてのを使用するのがベストです。

酵素の多い食べ物、ローフード

2014/09/22

ローフードとは、加熱していない生の食品のことです。
積極的に摂取するとダイエットや健康、美容に効果があると最近話題の健康方法の一種です。
多くの芸能人やモデル、美容家など取り入れており、雑誌やテレビで紹介されています。
加熱していない生の食べ物は酵素が多く含まれています。これはもともと体内に存在する成分ですが、加齢や不規則で無理のある暮らしで減っていき、老化していくのです。???? Vol.125 ?????????
酵素は主に消化機能と代謝機能を支えています。減って不足すると、便秘や肥満、胃腸障害、免疫力低下、体力低下、冷え症、血行不良、ホルモンバランスの乱れ、肌荒れ、シミ、シワ、たるみ、など様々な不調と見た目の老化現象を引き起こしてしまいます。
できるだけ減るスピードを加速させない為には、生の加熱していない食物を摂取することが有効なのです。
サラダ、刺身、果物、または発酵食品も効果的です。納豆、ヨーグルト、酢、醤油、味噌、麹などがあります。
加熱調理する手間がないので手軽に摂取することができるというメリットもあります。
加熱することによって壊れてしまう栄養成分もそのまま摂取することができ、酵素も補うことができるので体質改善、アンチエイジング効果があります。

グリーンスムージーに向いていない食材は?

2014/09/22

グリーンスムージーがここ最近非常に人気になっています。
グリーンスムージーとは、生の緑の葉野菜とフルーツを水で混ぜ合わせた飲み物で、栄養価が非常に高く消化も良いだけでなくフルーツで飲みやすくなっていて続けやすいのが特徴です。
グリーンスムージーに使われる食材で緑の葉野菜は、ほうれん草、水菜、菜の花、小松菜などが使われ、フルーツはキウイやリンゴ、梨などで、基本的には好みのものを使用して自分の好きな味を見つけるのも楽しみです。???? Vol.10 ????
しかし、グリーンスムージーに適さないものもあります。
グリーンスムージーに適さない食材とは、にんじん、ビーツ、ブロッコリーの茎、ズッキーニ、カリフラワー、キャベツ、芽キャベツ、ナス、カボチャ、オクラ、さやエンドウ、トウモロコシ、 緑豆、根菜など、でんぷん質の野菜はグリーンスムージーに向きません。
これらの食材がなぜグリーンスムージーに向かないかと言うと、フルーツとの食べ合わせが悪く、腸内でガスが発生しやすくなってしまうからです。
キャベツは一見青くて向いている様に見えますが、緑の色が薄くクロロフィルを多く含まないため向かないのです。
この様に、青い野菜でもその質によって向かない場合もあるので注意が必要です。

グリーンスムージーに向いている食材は?

2014/09/22

美容と健康のために毎日摂りたい野菜と果物。でも、たくさんの量を食べるのはけっこう大変です。そんなときは全部まとめてスムージを作ってしまいましょう。そのままでは食べきれないような両手いっぱいの材料が、コップ1杯のスムージーに変身してしまうのです。ちょっと工夫することで苦かったり青臭い野菜もスッキリおいしく摂取できます。
スムージーのレシピはたくさんありますが、特に栄養が豊富なのは、ほうれん草や小松菜などの緑色野菜を使ったグリーンスムージー。芸能人やモデルも飲んでいて、お肌やダイエットにも効果があるということで人気上昇中です。???? Vol.10 ????
誰にでも飲みやすい基本のグリーンスムージーの材料は、バナナ、小松菜、りんごと水をミキサーにかけたもの。好みでお砂糖やハチミツを加えてもいいでしょう。葉物野菜であれば、小松菜を他の緑色野菜に置き換えてもいいし、レタスやキュウリなどサラダ向けの野菜でも大丈夫です。緑系の色でも、キャベツ、オクラ、緑豆、カリフラワーなどはでんぷん質が多く、腸内でガスが発生しやすくなるためスムージーには向いていません。果物はバナナとりんごならどんな野菜とも合いますが、柑橘類やベリー類は逆に野菜の栄養素を壊してしまうことがあるので避けましょう。
グリーンスムージーを毎日飲んで、内側からキレイになれるといいですね。

作る機器、ミキサー、ジューサー、ブレンダー、どれが良い?

2014/09/22

手軽にできる健康法としてグリーンスムージーが大人気です。スムージーを作る機器は、どんなものが適しているでしょうか。
スムージーやジュースを作る機器といえば、ミキサー(ブレンダーの別名)、果物や野菜などから繊維を分離し、水分を絞り出すジューサー、刃で果物や野菜を細かく切り刻んで材料を混ぜ合わせるブレンダーなどがあります。ジューサーの方が酵素を取りやすく、栄養素が取りやすいです。ブレンダーの方が繊維をたくさん摂取することができ、満腹感も得ることができます。グリーンスムージーを作る場合は、こちらを使うことが一般的です。譜面02
グリーンスムージーは、毎日少量飲むだけで健康増進効果があり、元気に生き生きと美しくなれる飲み物です。繊維を取ることができるので、体の中も奇麗になります。ただ、入れない方がよい材料、飲み方の注意などもあります。まず材料では、キャベツ、でんぷん質を含む野菜、牛乳、ヨーグルトなどは入れない方がよいようです。また、塩や砂糖も入れません。あくまで、生の野菜と果物のみで作りましょう。また、冬場は体を冷やすので、グリーンスムージーは冷やした状態でなく、常温のものをゆっくり飲むようにしましょう。

グリーンスムージーの正しい作り方

2014/08/29

健康や美容のために、今グリーンスムージーを自宅で飲むことが流行っています。
手軽に出来ることも人気がある理由です。
しかし、正しい作り方を知らないで自己流でしている場合もあります。
まずは正しい作り方を覚ええてからアレンジするのが効果がでます。
基本の材料は、葉物野菜と果物と水だけです。
この時に、牛乳やヨーグルトなどをいれると動物性タンパク質が入ることで他の栄養が吸収されにくくなります。
また、作る時はたくさんの種類を入れずにシンプルにしたほうが効果がでます。
作る際は、適当に材料を切り、あとはミキサーに入れて水を入れるだけです。譜面01
ただし、果物は皮や種も全て入れて作ります。
飲み方は、単体でこれだけを飲むことです。
そして、この前後は40分くらい空けておくことです。
そして、変化を感じたい時は最低でも1日1リットルは飲むことです。
ただ、初めからは無理な時はコップ一杯からででも大丈夫です。
また、一日に飲む量はその日に作り飲み切ることが重要です。
慣れてくると、種類を増やしたくなりますがそれは胃腸の負担になるので禁物です。
冷たいまま飲むことは、冷えの原因になります。
必ず、常温で飲むことが大切です。
毎日の習慣になるようにすることです。