グリーンスムージーの正しい作り方

健康や美容のために、今グリーンスムージーを自宅で飲むことが流行っています。
手軽に出来ることも人気がある理由です。
しかし、正しい作り方を知らないで自己流でしている場合もあります。
まずは正しい作り方を覚ええてからアレンジするのが効果がでます。
基本の材料は、葉物野菜と果物と水だけです。
この時に、牛乳やヨーグルトなどをいれると動物性タンパク質が入ることで他の栄養が吸収されにくくなります。
また、作る時はたくさんの種類を入れずにシンプルにしたほうが効果がでます。
作る際は、適当に材料を切り、あとはミキサーに入れて水を入れるだけです。譜面01
ただし、果物は皮や種も全て入れて作ります。
飲み方は、単体でこれだけを飲むことです。
そして、この前後は40分くらい空けておくことです。
そして、変化を感じたい時は最低でも1日1リットルは飲むことです。
ただ、初めからは無理な時はコップ一杯からででも大丈夫です。
また、一日に飲む量はその日に作り飲み切ることが重要です。
慣れてくると、種類を増やしたくなりますがそれは胃腸の負担になるので禁物です。
冷たいまま飲むことは、冷えの原因になります。
必ず、常温で飲むことが大切です。
毎日の習慣になるようにすることです。

コメントは受け付けていません。