グリーンスムージーに向いていない食材は?

グリーンスムージーがここ最近非常に人気になっています。
グリーンスムージーとは、生の緑の葉野菜とフルーツを水で混ぜ合わせた飲み物で、栄養価が非常に高く消化も良いだけでなくフルーツで飲みやすくなっていて続けやすいのが特徴です。
グリーンスムージーに使われる食材で緑の葉野菜は、ほうれん草、水菜、菜の花、小松菜などが使われ、フルーツはキウイやリンゴ、梨などで、基本的には好みのものを使用して自分の好きな味を見つけるのも楽しみです。???? Vol.10 ????
しかし、グリーンスムージーに適さないものもあります。
グリーンスムージーに適さない食材とは、にんじん、ビーツ、ブロッコリーの茎、ズッキーニ、カリフラワー、キャベツ、芽キャベツ、ナス、カボチャ、オクラ、さやエンドウ、トウモロコシ、 緑豆、根菜など、でんぷん質の野菜はグリーンスムージーに向きません。
これらの食材がなぜグリーンスムージーに向かないかと言うと、フルーツとの食べ合わせが悪く、腸内でガスが発生しやすくなってしまうからです。
キャベツは一見青くて向いている様に見えますが、緑の色が薄くクロロフィルを多く含まないため向かないのです。
この様に、青い野菜でもその質によって向かない場合もあるので注意が必要です。

コメントは受け付けていません。