忙しい朝のためにグリーンスムージーは作り置きしても良い?

グリーン(生の緑の葉野菜)とフルーツと水をブレンダーで混ぜ合わせたグリーンスムージーは、美容や健康にとてもよく人気です。
野菜とフルーツなので栄養価も高く、食物繊維や酵素も非常に豊富でダイエットにも最適になっており、なおかつ飲みやすくて続けやすいのが人気の理由です。
スムージーの作り方や飲み方としては、熟したフルーツ60%とく有機栽培のグリーン(葉野菜)40%の比率が飲みやすく栄養価のバランスもよく最適です。
出来れば作り置きではなく、飲む直前に作って飲むのが理想です。???? Vol.6 ????????
なぜ作り置きは避けた方が良いかというと、味や匂いなどが変化して飲みにくくなってしまうからです。
具体的には、フルーツは時間が経つと酸化してしまうものが非常に多いです。
スムージーを飲みやすくしてくれるので積極的に入れたいリンゴなどは、酸化してすぐに色が変わってしまいます。
また、グリーン野菜は時間が経つとどうしても苦味が出てきてしまいますし、時間が経つにつれ青臭さも増してきてしまいます。
数時間程度の冷蔵庫で保管しておく程度なら気にならないかもしれないですし、忙しい朝など作り置きで済ませたいものですが、出来るだけ作りたてのを使用するのがベストです。

コメントは受け付けていません。